酒楽食楽 ~知多半島・名古屋行~

旨い食には、旨い酒。『盛田』が飲める、名古屋の旨い店。

ビール、ワイン、ウイスキー、カクテルなどなど、世界各国の酒が気軽に飲めるようになった。日本酒にしたって、東北の酒、新潟の酒、灘、伏見の酒など、全国の地酒が、名古屋に居ながらにして楽しめるのである。いい時代になったものだが、とはいえやっぱり愛知の味には愛知の酒である。地元で長年人々に愛されてきた料理には地元の酒が一番合うのだ。ここでは、名古屋ならではの味が楽しめる店で飲む、地の酒『盛田』の魅力をご紹介したい。

一軒目 柳ばし 角重

(取材日:2014年10月9日)

盛田の酒を置いて60年、老舗のちゃんこ鍋とともに一献

創業約60年というちゃんこ鍋の老舗。実はこの店、盛田の『ねのひ』を定番酒として導入した最初の店だという。以来、一切浮気をせずに日本酒は盛田。名古屋人の誇りを大切にするこういう店って、有無を言わさず全幅の信頼を置いてしまうのである。

それでは現在の一押し『盛田 無濾過吟醸 本生』700円から始めよう。しっかりと冷やされた一升瓶が運ばれ、枡の中に入れられたグラスにトクトクトクっと注がれる。すり切り一杯、そこからさらに注いでくれて、溢れた酒が枡の中に溜まっていく。グラスの縁は表面張力でグワッと盛り上がっている。この余剰分が酒飲みにはたまらなく嬉しいのである。
程なくして、ちゃんこ鍋2000円(2人前から)のセットが運ばれてくる。具は豚肉、鶏肉、エビ、つくね、厚揚げ、こんにゃく、にんじん、白菜、ごぼう。肉、野菜を順番に鍋に入れ、最後に白菜、その上に水菜が乗せられしばし。鍋からは湯気が昇り、冷酒が入れられたグラスの表面には霜。熱と冷のコントラストが美しい。

白菜がクタッとしてきて、そろそろ食べごろである。まずはだしだ。このちゃんこ鍋の値打ちは、だしなのである。かつおだしベースに、醤油、麹みそ、味醂など数種類の調味料をブレンド、そして黒胡椒の香りがクセになる。野菜の甘味、肉の旨味にスパイシーな風味のだしがからみ、一口食べると次の一口がどうしても欲しくなる。そんな味の鍋なのである。
そしてよく冷えた『盛田 無濾過 吟醸 本生』。口の中で酒が少しずつ温められ、落ち着いた香りが鼻に抜ける。米の味、麹の味がじわじわっと口中に広がり、喉を通るとスーッと味と香りが消えていく。熱々の鍋料理と冷え冷えの日本酒。実に心地よい。

この店は、ちゃんこ鍋以外にも、刺身や天ぷら、揚げ物などの一品料理も数多い。カウンターの上に並べられたおばんざいも食欲をそそるし、我々名古屋人のソウルフード、みそ料理も充実。居酒屋づかいも十分可能な店だ。
名古屋で酒飲みを自認するなら、こういう老舗の存在は知っておくべきである。

(取材日:2014年10月9日)

柳ばし 角重
住所
愛知県名古屋市中村区名駅南1-14-19
電話
052-541-8578
営業時間
11:30~13:00(土曜はランチなし) / 17:00~22:30
定休日
日曜・祝日
料金
本マグロ中トロ1200円、牛スジどて煮500円、みそ串カツ400円
交通
名古屋駅より徒歩7分
  • Google Map
  • ぐるなび
ページトップへ戻る
  • 一軒目
    ちゃんこ鍋の老舗で『盛田』を一献
柳橋 角重
  • 二軒目
    名古屋コーチンがこの値段でいいの?
地鶏屋本店
  • 三軒目
    やっぱり名古屋人はみその使い方を知り尽くしている
末喜
酒楽の愉しみ 食楽の楽しみ
知多で生まれて三五〇年
  • 酒楽 食楽 行
  • 盛田の酒
  • 盛田無濾過を飲める店
  • 盛田の蔵